まだ始めて間もないのにブログを書くのって結構大変だなぁと思うtakajinです。

マメにブログを更新していらっしゃる皆様は本当にすごいですね。


前回に続きPACER様からトレードしていただいたカードの紹介をします。

(まだやんのかよ!)

では
少し懐かしい選手から

2016-6-c-1 Grant Hill Jersey
2006-07 SP Game Used 170 Grant Hill JSY
(マイコレ トレード等の提供 不可)


懐かしいですね~

グラント・ヒル

グラント・ヒル(Grant Henry HIll)

生年月日72年10月5日    出身地 テキサス州ダラス

出身校 デューク大学 

身長203cm 体重 102kg


ドラフト 1994年3位


1994年ドラフトでデトロイト・ピストンズに指名されます。

ルーキーイヤー圧倒的な成績を残して新人王をジェイソン・キッドととも

に獲得します。

デトロイト・ピストンズ時代はその人気と実力さらに人柄の良さから


ネクスト・ジョーダンともいわれていた記憶があります。


それくらい当時の人気は凄かったです。

しかし、その後、上の写真のオーランド・マジックに移籍した時は度重なる

ケガにみまわれ


オーランドのシーズンはほとんど棒に振ったかたちとなりました。

ファンもこの時は絶望したと思います。

僕もショックでした。


やはりスポーツ選手にはケガはつきものですね。

その後、ピストンズ時代の全盛期のようにはいかなかったけれどもみごと

復活をとげ、フェニックス・サンズなどで活躍しました。

最後のキャリアはロサンゼルス・クリッパーズ。

現在はNBA TVの解説者をしているそうです。




グラント・ヒルは大変頭が良く、まじめでひととしてもよくできた選手でした。

キャリアを振り返ると全盛期途中でケガをしてちょっと

かわいそうにも思えてくるのですがそういう絶望からでも諦めず最後

までバスケ選手をまっとうしたことは尊敬に値します。






続いても懐かしい選手

懐かし選手権第2弾!!

2016-6-c-2 Anfernee Hardaway jersey
2003-04 SPx Winnig Materials WM3 Anfernee Hardway
(マイコレ トレード等の提供 不可)



ハーダウェイです。

懐かしー。




アンファニー・ハーダウェイ(Anfernee Deon Hardway)



生年月日71年7月18日   出身地 テネシー州メンフィス

出身校 メンフィス州大学(現在のメンフィス大学)

身長201㎝  体重99.8㎏

ドラフト1993年3位 

愛称 ペニー(Penny)



1993年のNBAドラフトで当時オーランドは1位指名権を持っていました。

マジックはクリス・ウェバーを1位指名し、ゴールデンステート・ウォーリアーズ

が3位でハーダウェイを指名。

両チームの交換トレードによりハーダウェイはマジックに入団することに

なりました。

ここでシャキール・オニールとの強力コンピが実現します。


また、ハーダウェイもネクスト・ジョーダンと言われるくらい当時は

人気と実力ともに凄かったです。

全盛期のプレーは特に良かったのを記憶しております。


その後、シャックとのコンビが解消し、マジックのチームエースになって

しばらくは活躍を続けるがその後は成績も下降していきました。


期待していただけに残念です。


写真はサンズ時代のもの。

ジェイソン・キッドなどとコンビを組んでいたりした。




さて、今回は懐かしい選手特集のようになりましたが

いかがでしたでしょうか?

個人的にこの2人の選手には思い入れもあります。


次回もまだまだトレードしていただいたカードの紹介は

続きます。

(覚悟をしておいてください。)