トレード

NBAトレカ トレード2① Michael Jordan 「Chicago Bulls」

ずいぶん前になりますが

前回に続き、NBAトレカのブログを運営されている

PACER様に2回目のトレードのオファーをさせてもらいました。

無事トレードが成立しました。

大変貴重なカードばかりいただき本当にありがとうござしました。



これから2回にわけてトレードしていただいたカードの紹介をして

いきたいと思います。


今回は第1回目


MJ3連発です!!



IMG_20160509_0001
2009-10 Upper Deck 
23 Michael Jordan
(マイコレ トレード等の提供 絶対不可)


ブルズ時代のMJです。

やっぱりジョーダンと言えばブルズユニですよね~!!





続いても


IMG_20160509_0008_NEW

1998-99 Ultra 
85  Michael Jordan
(マイコレ トレード等の提供 絶対不可)
横カット

いいですね~!!



そして


ゴルフ姿のMJ


IMG_20160509_0005
1994-95 Collector's Choice International Japanese 1
204 Michael Jordan PRO
(マイコレ トレード等の提供 絶対不可)

ゴルフ姿のMJ珍しいカードですね~。

1994-95 コレクターズ・チョイスのこのシリーズのカードはカードを集める

きっかけになった思い出のパックです。


それでは次回トレードの紹介2回目をします。
















NBAトレカ トレード1④ T-MAC カーメロ クリス・ポール ジャージカード

takajin です。早速はじめたいと思います。


今回は初めてのトレードの最終回です。




まず最初はこの人





2016-6-d-1 Tracy McGrady jersey
2009-10 Certified Fabric of the Game 9 Tracy McGrady
(マイコレ トレード等の提供 不可)




T-MAC!!


トレイシー・マグレディー (Tracy Lamar McGrady Jr.)

生年月日79年5月24日

出身地 フロリダ州バートウ

出身校 マウントジオン・クリスチャン・アカデミー高校

身長203cm  体重101kg

ドラフト1997年1巡目9位

愛称 T-MAC



写真はヒューストン・ロケッツ時代、中国出身のビックセンター姚明との

コンビを組んでいたころです。




T-MACはとにかくプレースタイルがかっこよかったです。


とてつもなく、スコアリング能力にたけていて、運動能力もかなり高く、

みていてとてもエキサイティングのするプレーヤーの1人でした。


キャリア後半はケガに苦しみ満足なプレーができませんでした。


そのためチームを転々と渡り歩きました。



キャリア当初のトロント・ラプターズ時代にカーターとコンビを組んでいましたが

成長の途中で移籍してしまって少し残念だったのを覚えています。


もしあのままコンビを続けていたらトロントの歴史は今と違っていたかもしれない

と妄想さえしてしまいます。

それくらい2人のコンビは凄かったし、成長を感じさせました。


ちなみに、ヴィンス・カーターとは従兄同士です。


2013年NBAから引退し、2014年野球にも挑戦。


結局すぐ野球は引退したようです。






続いてはこの2人


2016-6-d-2 Camelo Anthony and Kenyon Martin Jersey
2007-08 SPx Winning Materials Combs MA  Camelo Anthony,Kenyon Martin
(マイコレ トレード等の提供 不可)



おーっと!!メロだ。


カーメロ・アンソニー(Camelo Kiyan Anthony)

生年月日84年5月29日

出身地 ニューヨーク州ニューヨーク市ブルックリン区


出身校  シラキュース大学

身長203cm

体重109kg

ドラフト 2003年1巡目3位


愛称 Mero (メロ)


2003年ドラフト組の代表格。

プレースタイルが好きです。

1オン1スキルがずば抜けて高いです。みていて楽しい選手です。


好きな選手の1人です。

写真はデンバー・ナゲッツ時代のものです。



そして


ケニオン・マーティン(Kenyon Lee Martin)

生年月日77年12月30日


出身地 ミシガン州サギノー


出身校 シンシナティ大学


身長206cm

体重106.1kg

2000年ドラフト1位j


愛称 K-Mart



ダンクは豪快でした。ネッツ時代、ジェイソン・キッドとのコンビは良かったです。





最後の1枚は








2016-6-d-3 Chris Paul jersey
2007-08 SP Game Used Cut from the Cloth CCCP    Chris Paul
(マイコレ トレード等の提供 不可)




なんとクリス・ポール。



クリス・ポール(Christopher  Emanuel Paul)



生年月日85年5月6日


出身地 ノースカロライナ州ウィンストン・セーラム


出身校 ウェイクフォレス大学


身長183cm  体重79kg


ドラフト 2005年1巡目4位


愛称    CP3



写真はニューオリンズ・ホーネッツ時代のもの。




ドラフト前からカレッジ界NO1.ポイントガードといわれていたそうです。


ルーキー・シーズンからぶっちぎりの活躍をみせ新人王を獲得。

その後も活躍を続けリーグNO1ポイントガードといわれるまでに成長しました。


クリッパーズに移籍してからの現在もチームを強豪へと押し上げるなどその力は

健在。


試合を上手に進めてくれるので安心してみていられる選手。







以上 初トレードの結果報告でした。


PACER様そのせつは本当にありがとうごさいました。

















NBAトレカ トレード1③ グラント・ヒル ペニー・ハーダウェイ ジャージカード

まだ始めて間もないのにブログを書くのって結構大変だなぁと思うtakajinです。

マメにブログを更新していらっしゃる皆様は本当にすごいですね。


前回に続きPACER様からトレードしていただいたカードの紹介をします。

(まだやんのかよ!)

では
少し懐かしい選手から

2016-6-c-1 Grant Hill Jersey
2006-07 SP Game Used 170 Grant Hill JSY
(マイコレ トレード等の提供 不可)


懐かしいですね~

グラント・ヒル

グラント・ヒル(Grant Henry HIll)

生年月日72年10月5日    出身地 テキサス州ダラス

出身校 デューク大学 

身長203cm 体重 102kg


ドラフト 1994年3位


1994年ドラフトでデトロイト・ピストンズに指名されます。

ルーキーイヤー圧倒的な成績を残して新人王をジェイソン・キッドととも

に獲得します。

デトロイト・ピストンズ時代はその人気と実力さらに人柄の良さから


ネクスト・ジョーダンともいわれていた記憶があります。


それくらい当時の人気は凄かったです。

しかし、その後、上の写真のオーランド・マジックに移籍した時は度重なる

ケガにみまわれ


オーランドのシーズンはほとんど棒に振ったかたちとなりました。

ファンもこの時は絶望したと思います。

僕もショックでした。


やはりスポーツ選手にはケガはつきものですね。

その後、ピストンズ時代の全盛期のようにはいかなかったけれどもみごと

復活をとげ、フェニックス・サンズなどで活躍しました。

最後のキャリアはロサンゼルス・クリッパーズ。

現在はNBA TVの解説者をしているそうです。




グラント・ヒルは大変頭が良く、まじめでひととしてもよくできた選手でした。

キャリアを振り返ると全盛期途中でケガをしてちょっと

かわいそうにも思えてくるのですがそういう絶望からでも諦めず最後

までバスケ選手をまっとうしたことは尊敬に値します。






続いても懐かしい選手

懐かし選手権第2弾!!

2016-6-c-2 Anfernee Hardaway jersey
2003-04 SPx Winnig Materials WM3 Anfernee Hardway
(マイコレ トレード等の提供 不可)



ハーダウェイです。

懐かしー。




アンファニー・ハーダウェイ(Anfernee Deon Hardway)



生年月日71年7月18日   出身地 テネシー州メンフィス

出身校 メンフィス州大学(現在のメンフィス大学)

身長201㎝  体重99.8㎏

ドラフト1993年3位 

愛称 ペニー(Penny)



1993年のNBAドラフトで当時オーランドは1位指名権を持っていました。

マジックはクリス・ウェバーを1位指名し、ゴールデンステート・ウォーリアーズ

が3位でハーダウェイを指名。

両チームの交換トレードによりハーダウェイはマジックに入団することに

なりました。

ここでシャキール・オニールとの強力コンピが実現します。


また、ハーダウェイもネクスト・ジョーダンと言われるくらい当時は

人気と実力ともに凄かったです。

全盛期のプレーは特に良かったのを記憶しております。


その後、シャックとのコンビが解消し、マジックのチームエースになって

しばらくは活躍を続けるがその後は成績も下降していきました。


期待していただけに残念です。


写真はサンズ時代のもの。

ジェイソン・キッドなどとコンビを組んでいたりした。




さて、今回は懐かしい選手特集のようになりましたが

いかがでしたでしょうか?

個人的にこの2人の選手には思い入れもあります。


次回もまだまだトレードしていただいたカードの紹介は

続きます。

(覚悟をしておいてください。)







NBAトレカ トレード1② フランシス ハワード ドラモンド ジャージカード

ブログの構成をあれこれ悩んで全然すすまないtakajinです。

前回に続きPACER様にトレードしていただいたカードの

紹介をします。

第2弾!!

まずは

2016-6-b-1 Steve Francis Jersey
2002-03 SP Game Used All-Star Apparel SFAS Steve Francis
(マイコレ トレード等の提供 不可)


いきなりスティーブ・フランシスです。


スティーブ・フランシス(Steven D'Shawn Francis)

生年月日77年2月21日 出身地 メリーランド州シルバースプリング
出身校 メリーランド大学 身長191cm 体重 91kg 
愛称 ザ・フランチャイズ

ジュニアカレッジで2年間プレーした後、NCAAディビジョン1のメリーランド大学
へ転校。たぐいまれな運動能力と高度なバスケットスキルをもちNBAで活躍
しました。
ルーキーイヤーには新人王にも選ばれています。

兎に角エネルギッシュなプレーが魅力的でした。

写真はヒューストン・ロケッツ時代のもの。


続いては


2016-6-b-2 Dwight Howard Jersey
2010-11 Classics Dress Code 8 Dwight Howard
((マイコレ トレード等の提供 不可)


ドワイト・ハワードでごわす。


ドワイト・ハワード(Dwight David Howard)

生年月日85年12月8日 出身地 ジョージア州アトランタ
出身校 サウスウェスト・アトランタ・クリスチャン・アカデミー高校
身長211cm 体重120kg 
2004年ドラフト1巡目1位

愛称 スーパーマン

2004年のNBAドラフトにアーリーエントリーし、オーランド・マジック
から全体1位指名を受けました。

2006年より高校卒業すぐの指名ができなくなったので、ハワード
のドラフトの年代が高校からの指名のできる最後の年となりました。

オーランド時代のハワードは圧倒的でまさにトップセンターでした。

その後レイカーズに移籍しましたがレイカーズファンの自分としても

レイカーズ時代のハワードはあまり好きではありませんでした。



今ロケッツにいますがオーランド時代のようなセンターとしての
支配力はなくかげりを見せているように思えます。

ハワードのキャリアではオーランド時代が一番好きです。

写真はそのオーランド時代のもの。

ちなみにフリースローが下手くそです。



続いてはこの方

2016-6-b-3 Andre Drummond Jersey
2014-15 Donruss Game Threads 34 Andre Drummond
(マイコレ トレード等の提供 不可)



アンドレ・ドラモンドでごわす。


アンドレ・ドラモンド(Andre Jamal Drummond)

生年月日93年8月10日   出身地 ニューヨーク州マウントヴァ―ノン

出身校 コネチカット大学   身長211cm  体重122kg

                   ウィングスパン226cm

ドラフト12年1巡目9位

愛称 Dre-Excess


期待の本格派ビックマン。毎年着実に成長を続けています。

ドワイト・ハワードの全盛期を彷彿させる注目の若手選手。



トレードしていただいたカードの紹介はまだまだ続くのだ―。

次回までお待ちください。

(引き伸ばしすぎだー)











NBAトレカ トレード1① Michael Jordan 「North Carolina」時代

ずいぶん前になりますが

人生初のNBAトレーディングカードのトレードをしたtakajinです。

お相手はNBAカードのブログをやっておられるPACER様です。

初めてトレードの申し込みをした時は緊張しました。

そしてトレードのオファーを受けてくださった時はとてもうれしかったです。

梱包作業も初めてなのでひと苦労。

無事商品が届いた時は感激のあまりすごくテンションが上がりました。

商品をみてよっしゃー!!と叫んでいました。

また、PACER様のところにも無事商品が届き、中身のカードも喜んで

いただいて良かったです。


PACER様そのせつは本当にありがとうございました。




これから何回かにわけてトレードしてもらったカードの紹介をしたいと

思います。

まずは第1回目

始めは僕の一番大好きなNBA選手のマイケル・ジョーダンです。
いきなりジョーダン7連発!!


2016-6-a-1 Michael Jordan
2011-12 SP Authentic 1 Michael Jordan
(マイコレ トレード等の提供 絶対不可)


カレッジ時代も良いですね

続いても

2016-6-a-2 Michael Jordan
2012-13 SP Authentic 1 Michael Jordan
(マイコレ トレード等の提供 絶対不可)


カレッジ時代も輝いてますね

2016-6-a-3 Michael Jordan
2011-12 Fleer Retro 1 Michael Jordan
(マイコレ トレード等の提供 絶対不可)


シュートホームもこの時からキレイ


2016-6-a-4 Michael Jordan
2003-04 UD Top Prospects 1 Michael Jordan
(マイコレ トレード等の提供 絶対不可)


狙った獲物は逃さない

2016-6-a-5 Michael Jordan
2003-04 UD Top Prospects 58 Michael Jordan
(マイコレ トレード等の提供 絶対不可)


ディフェンスが何人いてもおかまいなし

2016-6-a-6 Michael Jordan
2010-11 Upper Deck North Carolina 43 Michael Jordan
(マイコレ トレード等の提供 絶対不可)




ジョーダンは1982年のNCAAトーナメントチャンピ
オンシップでウイニングショットを
決め、NCAAチャンピオンになりました。これはのちに伝説のショットとして語られています。


ジョーダンのノースカロライナ大学時代の成績

YR       TEAM         GP   FG%   FT%   REB  AST  STL  BLK  PTS  AVG
81-82 TAR HEELS 34   .534     .722    149   61     41     8      466    13.5
82-83 TAR HEELS 36   .535     .737    197   56     28     28    721     20.0
83-84 TAR HEELS 31   .551     .779    163   64     50     35    607     19.6



2016-6-a-7 Michael Jordan
Michael Jordan (マイコレ トレード等の提供 絶対不可)


今回の最後もやっぱりジョーダン

次回もトレードしていただいたカードの続きです。


それでは。




ギャラリー
  • NBAトレカ 2015-16 Complete Kobe Bryant コービー・ブライアント
  • NBAトレカ 2015-16 Complete Kobe Bryant コービー・ブライアント
  • NBAトレカ 2015-16 Complete Kobe Bryant コービー・ブライアント
  • NBAトレカ 2015-16 Complete Kobe Bryant コービー・ブライアント
  • NBAトレカ 2015-16 Complete Kobe Bryant コービー・ブライアント
  • NBAトレカ 2016-17 Donruss Lebron James レブロン・ジェームズ
  • NBAトレカ 2016-17 Donruss Lebron James レブロン・ジェームズ
  • NBAトレカ 2016-17 Donruss Lebron James レブロン・ジェームズ
  • NBAトレカ 2016-17 Donruss Lebron James レブロン・ジェームズ